株式会社シンフォディアフィル Symphodia Phil

シンフォディア・フィルの
農業IoT

シンフォディア・フィルでは
センシング技術を活用し、
農業に貢献します。

農業IoTとは

農業の課題

近年、農業には数多くの課題があります。

  • 管理が面倒、常に気を配らなければいけない
  • 熟練の勘、ノウハウがなければ品質を保つことが困難
  • 効率的な栽培ができず、利益につながらない
  • 異常気象による作物への被害
  • 高齢化に伴う熟練農家のノウハウ
農業の課題は尽きません・・・

農業の課題

IoTとは

さまざまなモノがインターネットに繋がり、情報を共有し合える時代。モノのインターネット(Internet Of Things)が様々な分野で当たり前となっている近年。
農業分野も例外ではない・・・
IoTの力が農業の課題解決の一助になり得ると私たちは考えています。

IoTとは

農業 × IoT

農業にIoTの力を役立てたい・・・
しかしながら、農業とIoTの融合にも課題があります。

  • 高価な機器は買えない
  • 難しく複雑なシステムはわからない
など、農家さんが手軽に始めることができないということも多々あります。

農業 × IoT

環境モニタリング

環境モニタリングによる
農業への貢献

手軽に始められる、簡単なモノを・・・
置くだけでハウスの温度をいつでもどこでも見られる。
そういった手軽なIoTを始めてみませんか?
温度に限らず、湿度、日射、CO2など、さまざまな環境因子を場所、時間を問わずモニタリングできる装置、サービスを私たちは提供していきます。

環境モニタリングによる農業への貢献

「すぐ見える」データ

  • 温度
  • 湿度
  • 飽差
  • 気圧

現場のデータはネットワークを経由し、専用サーバに入ってきます。
データはお客様の端末(スマホ・PC・タブレット)のブラウザアプリからすぐ閲覧・ダウンロードすることができます。
お客様側でデータの整理・グラフ化などの面倒な操作は必要ありません。

シンフォディア・フィルのモニタリングシステムシンフォディア・フィルのモニタリングシステム

シンフォディア・フィルの
モニタリングシステム

シンフォディア・フィルのモニタリングシステムは手軽にIoTを始めることができます。お客様は購入後、現場に装置を置いて頂くだけになります。(装置はルータ等を通した外部ネットワークへの接続、及び電源が必要です)電源投入後、専用サーバにデータの送信を開始します。
送信されたデータではお客様の端末(スマホ・PC・タブレット)のブラウザからログインし、閲覧することが可能です。データはグラフ化して表示されるため、お客様がデータを直接いじる必要はありません。また、データのダウンロードも可能です。トマトのハウスに導入してのモニタリング実験も行ってる実績もありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

こんなお悩みに最適:IoT農業 IT農業 ICT農業 農業モニタリング 環境モニタリング 遠隔監視 環境センサ センシング農業

シンフォディア・フィルのモニタリングシステム

センサの取捨選択
充実したセンサ群の実現

一口に農業に必要な環境因子と言っても様々なものがあります。また、栽培方式により必要な環境因子も変わってきます。これらのニーズに答えるため私たちは必要なセンサを自由に選び、かつ、後付け追加も可能な装置を開発しています。この方式は不要なセンサを減らすことで必要最低限の導入コストに抑えることを実現します。対応センサ群も随時増やしていきます。

センサの取捨選択充実したセンサ群の実現
センサの取捨選択充実したセンサ群の実現
私たちは「こんなセンサを導入したい」、
「自社のセンサを農業に活かしてもらいたい」といった声も取り入れていきたいと考えています。
そういったご要望もお気軽にお問い合わせ下さい。

植物AE

植物の生体データ

環境因子へのフォーカスも重要ですが、農業の主役はやはり栽培されている植物そのものではないでしょうか?そんな考えのもと、私たちは環境データだけではなく、植物の生体データにも注目しています。
植物はしゃべりませんが、センシング技術を使えば受け取れるメッセージがあるはず・・・
そんなセンシングにも取り組んでいます。

植物の生体データ

植物AE

シンフォディア・フィルでは植物生体情報である
キャビテーション*1を振動センサを用いて
検出するためのAE*2装置の開発を行っています。

植物AE

植物AEのセンシング

茎の簡易断面図茎の簡易断面図

植物AEは水分ストレスや蒸散との相関可能性があると言われている現象です。
植物が蒸散に伴い、水を吸い上げた際に、道管内でキャビテーションが起こり、気泡の入滅に伴い植物AEが発生すると考えられています。
植物の状態把握、灌水制御への応用などが期待されています。

  • *1 キャビテーション:液体が流れる際、圧力差により、短時間の間に泡の入滅が起きる現象
  • *2 AE:Acoustic Emission(アコースティックエミッション)の略、材料が破壊・変形する際に弾性エネルギーを超音波領域の振動・音波として放つ現象。主に工業分野で使われる用語

植物AEの今後

いずれはモニタリングシステムのセンサ群の1つとして機能することを前提に開発していますが、植物AEはまだまだ研究が必要な現象であり、AE装置も試作・開発段階のものです。そこで、シンフォディア・フィルでは下記のような方を募集しています。

  • IoT農業に興味があり実験協力頂ける農業機関や農場、農家様
  • 農学知見をお持ちで弊社とパートナー関係を築ける方
興味があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

植物AEの今後

関連技術:植物AE キャビテーション 振動センサ AE装置 水分ストレス 蒸散

掲載している各種装置の写真は開発段階の物です。実際に提供されるものとは異なっていることがあります。